かっこよく着こなそう!結婚式で着るタキシードの選び方


式場の雰囲気に合う色を選ぶ

タキシードの色を選ぶときは、式場の雰囲気に合わせることをおすすめします。たとえば、厳格な雰囲気の教会であればホワイトがぴったりです。純白のウェディングドレスと並んだときも、統一感が出ます。高級感のあるホテルウェディングの場合、ブラックもおすすめ。フォーマルな雰囲気が強く、上司や年配のゲストが多いケースにも適しています。他にも、ナチュラルな印象のベージュ系や華やかなシルバー系、爽やかなネイビー系などがあります。式場を見学したときに、どんな色のタキシードが合うかを考えておきましょう。

体型に合う形とサイズを選ぶ

タキシードは、着る人の身長によって印象が変わります。たとえば、丈が長めのジャケットは高身長の方に似合いやすいです。バランスをとりやすく、スタイリッシュな雰囲気になります。一方で、低身長の方にはジャストサイズの丈感をおすすめします。身長だけでなく、体型とのバランスも重要。ぽっちゃりした体型の方は、ややゆとりのあるサイズを選びましょう。細身体型の方には、体のラインをほどよくカバーする形がぴったりです。

お色直しではアレンジを加えよう

お色直しは、新婦がするものだと考えている方が多いかもしれません。しかし、新婦の衣装チェンジに合わせて、新郎のタキシードにもアレンジを加えるのがおすすめです。たとえば、柄入りのシャツやベストに変えたりネクタイを変えたりすれば、ややカジュアルな印象になります。タキシードを選ぶ段階で、お色直しについても考えておきましょう。

ブライダルエステとは結婚式を前提とした、エステティックのことを言います。結婚式での見栄えを良くするためにドレスから露出する部分を中心に施術することが多いです。