一人暮らしを始める際に気をつけたい防犯対策とは!


窓に補助錠を取り付ける

一人暮らしを始める際、防犯対策を徹底的に行うことが大事ですよね。自分だけは大丈夫と過信していると、空き巣などの犯罪に巻き込まれる可能性があります。とりわけ女性は狙われるリスクが高まるので、防犯対策をきちんと行った方がいいでしょう。一人暮らしで最も遭遇する可能性が高いと言われているのが、空き巣被害です。空き巣を未然に防ぐためには、窓に補助錠を取り付けておくといいですよ。補助錠とは、窓枠やガラスに後付けできる錠前のことです。補助錠を取り付けておけば室内への侵入に時間がかかるため、空き巣を諦めさせることができます。

女性らしいカーテンは避けよう

防犯を強化するためには、ピンクや花柄など女性らしいデザインのカーテンは避けることも大事ですよ。というのも、カーテンが可愛らしいデザインだと、外から見て女性が一人暮らしをしている部屋だとバレてしまう可能性があるからです。すると、不審者から狙われやすくなってしまいます。一人暮らしをする場合、カーテンはシンプルな色や柄を選ぶといいですよ。また、窓には女性らしい小物、ぬいぐるみなども置かない方がいいでしょう。

郵便受けに鍵を必ず掛ける

一人暮らしを始める際、郵便受けに鍵をきちんと掛けるようにすることも重要です。鍵が掛かっていないと、不審者に勝手に郵便物を見られて個人情報が盗まれる恐れがあるからです。さらに、住人が女性であるか、男性であるかということまでバレてしまいます。犯罪に遭うリスクが高まるので、必ず郵便受けに鍵を掛けるように注意しましょう。

家具の家電のレンタルは、一人暮らしの学生や単身赴任者向けのセットプランや季節家電の単品プランがあります。