ブライダルフェアに親と行くメリットはある?


えっ!ブライダルフェアに親と行っていいの?

ブライダルフェアにはパートナーと一緒にいくものだと考えている人は少なくありませんが、実はパートナーの都合がつかない場合は、両親と一緒にいく人もいます。パートナーと行くだけでなく、両親と行く意味や、メリットを理解しておくといいでしょう。

両親と出かけることで、親から見た結婚式に対する判断が可能となります。結婚式場のよしあしを判断するのに、自分だけではなく、親世代の視点から見て良いと思ってもらうことで、幅広い年代のゲストにも喜んでもらえる結婚式となるでしょう。自分達だけの視点で見ると、どうしても一面的になってしまうことが少なくありません。親世代から見て眉をひそめるような場合もあるため、自分達だけではなく、来てくれた親戚などにも喜んでもらいたい挙式・披露宴を考えている人にとって、両親と一緒に行くメリットは高いでしょう。

親族や社会に関する情報をある程度知っている

親としての視点で式場を見るだけではなく、結婚式・披露宴に呼ぶ親族に関する情報にも詳しいのが、親を同伴するメリットのひとつです。アレルギーを持っている人や、誰がどんな物を好んでいるのかは、親でなければわからないこともあります。親戚の好みを考えて料理を出すことで、ゲストにも喜んでもらいやすいでしょう。特に父親と一緒に行く場合、社会的地位のある父親なら、上司としての視点から結婚式に対する意見を聞けるため、会社の人を呼ぶときの参考意見となります。ゲストは友人だけではなく、親族、会社の人と呼ぶなら、ぜひ意見を聞いてください。また、子供の結婚式で着る衣装の試着を見せることによって、親孝行につながるでしょう。

観光地として見所が多く人気の都市である京都の結婚式場は、ホテルだけでなく、ゲストハウスや料亭、カフェなど、様々なタイプがあり、ロケーションも市内から郊外まで、好みの場所を探すことができます。